相談した上で行う

六法全書

税法が改正されたため、従来であれば相続税を支払う必要がなかったような人も、今後は課税される可能性が高くなりました。具体的に言うと、都内にマイホームを所有していた人が亡くなり、その遺産を子供たちが分け合うようになるケースでは、相続税の支払い義務を負うことになる可能性が高いです。そのため、慌てて節税対策を始める人が多くなってきていますが、被相続人の死亡の2〜3年前に行われた生前贈与などは遺産に含まれるとみなされることになるケースが多いので、注意が必要です。現実的なことを考えると、本当に意味のある生前対策を講じるためには、ある程度長い時間が必要になります。慌てていろいろやったとしても、全て骨折り損のくたびれ儲けになってしまう可能性が高いので、専門家に相談してみた方がよいでしょう。

有効な節税対策を講じておきたいと考えているのであれば、税務業務の専門家である税理士の相続サポートサービスを利用するのが一番です。実は、相続税の増税に伴って、節税のための様々な優遇策が新設されました。ニュースなどで頻繁に流されていましたが、それらの優遇策を全て正確に知っているという人は、それほど多くないはずです。でも、税理士は税金のプロですから、それらの優遇策の情報も全て正確に把握しています。また、それぞれの人が抱える事情に応じて、最適な節税方法を提案してくれるようになっていますので、興味がある人は一度相談してみるとよいです。法律専門職には様々な種類のものがありますが、個別具体的な節税アドバイスをすることができるのは税理士だけです。ですので、税理士の積極的な活用をおすすめします。